プログラミング」カテゴリーアーカイブ

IS01で右サイドバーの無いアプリを作成する方法

発売して結構時間がたってるけど誰も書かないので書いちゃう。

IS01はよくあるAndroid端末と違い、特殊な解像度を持っています。一般のソフトウェアに配慮してか、右側にサイドバーが表示されてその全体を使うことは通常できませんでした。

今回のサンプルではそれを回避する方法を書いています。

結論からいうと、jp.co.sharp.android.softguide.SoftGuideManager::setFullScreenMode(true)をonResumeで呼び出してあげる事になります。これタイマーで呼び出したりできないのかな。また試してみよう。

Javaでプログラムを書くのは初めてなのでおかしかったらごめんなさいな。

あ、あとバージョンアップで潰されたらごめんなさい。

zipで欲しい人: IS01FullScreenSample

くだらないUnix技まとめ

(便利で)くだらないUnix技は?のまとめです。

元スレそのままだと、見にくいのと、どういう結果が起こるのか分かりにくいのと、実行すると危ないコマンドがあるのでまとめてみました。全部羅列している訳じゃないので全部読みたい人は元スレをば。

  • eject – CD-ROMドライブなどを開いたり閉じたりする
  • type – コマンドの種類の説明を表示する
    • type ls すると ls is an alias for ls -F –color=tty
    • type echo すると echo is a shell builtin
    • type makeすると make is /usr/bin/make
  • look – 指定した文字列で始まる行を表示
    • look nano とすると nanograms, nanomelus, nanometer…といった単語が出てくる。
  • init 0 – システムを停止させる
  • echo ^O – バイナリファイルを表示したりしておかしくなった画面を直す
    • ^OはCtrl+V Ctrl+Oで入力できる
    • # ぼくはresetコマンドをよく使います。
  • echo ^G – ベルを鳴らす
    • ^Gの入力方法は、Ctrl+V Ctrl+Gと入力する
  • sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 1000 -l 2000
    • ごめんなさい、CentOSなので試せませんでした。
    • 試せた人、連絡ください。
  • echo ‘C16P16P4.C16P16P4.C16P16P4.>C2’ >/dev/speaker
    • これも試せませんでした。

    ping hogehoge | sed -e ‘s/bytes from/^Gbytes from/’

    • pingで繋がっていたら音を出す
    • # 同じことが引数で出来た気がするけど記憶違いかな?
  • bc – 電卓ソフト
  • dc – RPN形式の計算ソフト
    • 2 3 + 4 *とか・・・。pで印字。
  • tail -f ファイル名 – 追っかけ表示
  • echo $[2#1111+1]
  • cal – カレンダー表示
  • grep –数字数字行だけ前後も表示
  • diff –side-by-side – diffの2カラム表示
    • # 僕はvimdiffが好きです。
  • find – ファイル検索
    • たくさんあるんで割愛
  • ^Z, jobs, fg, bg – コマンドのサスペンド、一覧、フォアグラウンド実行、バックグラウンド実行
  • cd – 前回のディレクトリへ移動
  • !! – 直前のコマンドを実行
    • タブで展開できます
  • cat /dev/urandom > /dev/dsp
    • 実行してません。ホワイトノイズ再生だと。
    • 自己責任で。
  • man ascii – アスキーコード表
  • man console_codes – エスケープシーケンス一覧
  • sl – 入ってない方はWikipediaのslを参照。
  • banner – 文字を大きく表示
    • CentOSに入ってなかったので試してません。
  • aptitude moo
  • aptitude -v moo
  • aptitude -vv moo
  • 以下略
    • Debian/Ubuntuの方はどうぞご自身でお試しください。
  • yes 永遠に’y'(または指定した文字)を表示
    • yes | yum install みたいに使えます。
  • seq 数値 – 数列の印字

DreamSparkが日本でも始まった!学生ならVisual Studioとかが無償になってる!

Microsoft DreamSparkがいつのまにか日本でも開始してる!
開始の時点では日本ではサービスが開始していなくて、とても歯がゆい思いをしたのですが、ついに始まったんですね。
サービスの対象は

大学生、短大生、大学院生、専門学校 (本科生)、高等専門学校の 4、5 年生が該当

みたいです。

現在は

Microsoft Visuak Studio 2008 Prof.
SQL Server 2005 Dev.
Expression Studio
xna Game Studio (よく知らない)
Windows Server 2003 Std.
Microsoft Visuak Studio 2005 Prof.

が無償で提供されている(CDイメージのダウンロード)みたい!
すごいね、太っ腹だね。

Windows Liveのアカウントはもちろんですが、学生であることの証明のために国際学生証ってのが必要みたい。

国際学生証ってどこに申し込めばいいのかと思ったら、偶然にも僕の大学生協は受け付けていました。自分の大学の生協になくても(もしくは生協のない学校でも)、最寄りの国際学生証発行場所で申し込むか、東京か大阪のセンターに郵送で申し込むことができるみたい。
料金は1,430円で申請書と写真と学生証コピーが必要。
早速明日にでも行ってきます。発行までどれくらいかかるのかなぁ。

screenrc

注意

この記事はobsoleteです。あたらしいscreenrcが僕がMacBookで必ず使う43のソフトウェア達にありますのでそちらをご参照ください。

 

最後、短いけど。

.screenrc

 

# kcrt

multiuseron

startup_messageoff

vbelloff

shell

0560

“test ‘$MAIL‘ &&test -s $MAIL && echo -n ‘ MAIL'”

1560

hardstatus

“%{wb}%{Wg} [%H] %{-}%0 %-w%{+bs .Wb}¥¥%{+u} %n %t %?(%u)%?%{-}/%{-}%+w %=%{WB} %1 : %m/%d %A %C”

caption

“^G Beep!! in %”

defscrollback3000

altscreenon# 画面復帰を有効に(vim終了時などに画面を戻す)

# キー設定

 

zshrc

注意

この記事はobsoleteです。あたらしいzshrcが僕がMacBookで必ず使う43のソフトウェア達にありますのでそちらをご参照ください。

 

一回じゃ入らんからエントリ分けるよ・・・

 

.zshrc

 

#

# kcrt’s .zshrc file for Fedora/Debian

# Written by kcrt <kcrt__atmark__kcrt.net>

# Nanoseconds Hunter “http://www.kcrt.net

# Id: $Id$

#

# —– とりあえず

stop

# ^Sとかを無効にする。

# —– 色宣言

typeset

typeset

=(

)

=(

001100

001111

001111

110000)

=

if[[$hostcolors[$HOST]=“”]];then

=

=“000000”

else

=$hostcolors[$HOST]

=$hostblacks[$HOST]

fi

export

export

# —– xterm(screen上以外での起動)だと思われる

if[[$TERM==“xterm”]];then

# 色の個別設定 – うまく動かない端末もあります

echo-n“^[]R”# first, reset the palette

echo-n“^[]P0$hostblack# black

echo-n“^[]P1FF0000″# red

echo-n“^[]P200CC00″# green

echo-n“^[]P3CCCC00″# yellow

echo-n“^[]P45555FF”# blue

echo-n“^[]P5FF00FF”# magenta

echo-n“^[]P600FFFF”# cyan

echo-n“^[]P7CCCCCC”# white

echo-n“^[]P8888888″# BLACK

echo-n“^[]P9FFAAAA”# RED

echo-n“^[]PA88FF88″# GREEN

echo-n“^[]PBFFFFAA”# YELLOW

echo-n“^[]PC7777FF”# BLUE

echo-n“^[]PDFFCCFF”# MAGENTA

echo-n“^[]PE88FFFF”# CYAN

echo-n“^[]PFEEEEEE”# WHITE

# タイトルバーの文字列

if[[$SSH_CONNECTION!=“”]];then

# ssh接続

=echo -n $SSH_CONNECTION | sed -e 's/¥(.*¥) .* ¥(.*¥) .*/¥1 --> ¥2/g'

echo“^[]2;$HOST($tmpTitle, ssh)¥a

elif[[$REMOTEHOST!=“”]];then

# おそらくtelnet

echo-n“^[]2;$REMOTEHOST –> $HOST¥a;

else

# ローカルと見た

echo-n“^[]2;$HOST(local)¥a

fi

fi

# —– 環境変数

export

=“vim”# やっぱりvimだねっ

export

=“tty”

# —– 色関係

autoload

# $color[red]とかが使えるようになる。

evaldircolors -b

‘:completion:*’

${(s.:.)LS_COLORS}# 補完も色つける

# —– autoloadたち

autoload

-u

autoload

autoload

autoload

# 設定はNOを頭につけると逆の意味になるよ!

# —– 補完

LISTMAX=200# 表示する最大補完リスト数

setopt

# 曖昧な補完で自動的にリスト表示

setopt

# 一回目の補完で候補を挿入(cf. auto_menu)

setopt

# 二回目の補完で候補を挿入

setopt

# (?) –include=/usr.. などの=補完を有効に

setopt

#

:よくわからない

setopt

# 補完候補をできるだけつめて表示する

setopt

# 補完候補表示時にビープ音を鳴らす

setopt

# ファイル名のおしりに識別マークをつける

# —– 履歴

HISTFILE=$HOME/.zhistory”# 履歴保存先

HISTSIZE=1000# 使用する履歴数

SAVEHIST=1000# 保存する履歴数

setopt

# スペースで始まるコマンドを記録しない

setopt

# 重複した履歴を記録しない

setopt

# ターミナル間の履歴を共有する

setopt

# 履歴を追記する

# —– ファイル操作関連

setopt

# ディレクトリ名でcd

setopt

# 不要なスラッシュをはずす

setopt

# 自動的にpushd

setopt

# 重複したディレクトリスタックを記録しない

setopt

# コマンドのスペル補正

setopt

# コマンド以外もスペル補正

setopt

# =zshとかが置換される

setopt

# 拡張グロブ有効

# —– そのほかの設定

setopt

# 8ビット文字表示

setopt

# プロンプトでのコマンド置換などを有効に

setopt

# エラー時にはBeep音

setopt

# viが一番!

setopt

# ^S/^Qを有効に

# —– プロンプト

# PROMPT=’%{^[[%(!.31.32)m%}[%n@%m]%# %{^[[m%}’

PROMPT=‘%{%(!.$fg[red].$fg[$hostcolor])%}[%n@%m]%# %{$reset_color%}’

# 最後に実行したプログラムがエラーだと反転するよ。

RPROMPT=‘ %{%(?.$fg[cyan].$bg[cyan]$fg[black])%} [%~] %{$reset_color%}’

# —– キー

bindkey

bindkey‘^z’

bindkey‘^y’

bindkey‘^[[A’

bindkey‘^[[B’

# —– 自分用関数

{

# モードの切り替え時に右上にモードを表示

integer

integer

integer

=

(echo-n$1|

)

=

[COLUMNS

$StrLength]# 場所はお好みで

=1

echo-n“^[[s”# push pos

echo-n“^[[$[$Cursor_Y];$[$Cursor_X]H”# set pos

echo-n“^[[07;37m$1^[[m”# print

echo-n“^[[u”# pop pos

}

# viins <-> vicmd {{{

{

“– NORMAL –“

builtin

}

{

“– INSERT –“

builtin

}

{

“– INSERT –“

builtin

}

{

“– INSERT –“

builtin

}

{

“– INSERT –“

builtin

}

{

“– INSERT –“

builtin

}

bindkey

“^[“

bindkey

“i”

bindkey

“I”

bindkey

“a”

bindkey

“A”

bindkey

“c”

bindkey

“/”

bindkey

“^P”

bindkey

“^N”

# vi-repeat-search

bindkey“^Q”

# }}}

# —– 関数

function

{

$1

if[[$1==“”]];then

else

$@

fi

$SHELL

}

function

{

$1=(

$1)

}

{

$1=(

$1)

}

function

{

if[$#=0];then

command

return1

fi

if[

-d

];then

echo“ERROR : ~/.trash not found!”

return1

fi

$@

||return

if[$#=1];then

echo‘$1’ was moved into trash!”

else

echo$# files were moved into trash!”

fi

}

# —– エイリアス

# コマンド置き換え

alias

=‘vim -p’

alias

=‘trash’

alias

=‘_w3m’

# 引数

alias

=‘ls -F –color=tty’

alias

=‘du –human-readable -s ./*’

alias

=‘df –human-readable’

alias

=‘grep –color -a’

alias

=‘less –ignore-case –status-column –prompt=”?f%f:(stdin).?m(%i/%m files?x, next %x.). ?c<-
%c-> .?e(END):%lt-%lb./%Llines” –hilite-unread –tabs=4 –window=-5’

alias

=‘pstree -p’

alias

=‘cal -3’

alias

=‘noglob zmv -W’

alias

=‘noglob zmv -C’

alias

=‘noglob zmv -L’

# 省略とか

alias

=‘ls -F -a –color=tty’

alias

=‘ls -F -la –color=tty –sort=time –reverse’

alias

=‘history’

alias

=‘exit’

alias

=‘su -s =zsh’

alias

=‘od -Ax -tx1z -v’

alias

=‘print “¥a”‘

alias

=‘clear’

alias

=‘cd ../..’

alias

=‘cd ../../..’

alias

=‘cd ../../../..’

alias

=‘ssh kuro’

if[[-x

]];then

alias

=‘w3mman’

fi

# —– suffix alias (関連づけ)

alias-s

=‘cat’

alias-s

=‘tail -f -n20’

alias-s

=‘w3m’

function

{

=(

$1)

}

alias-s

=‘viewxls’

# —– root用の設定

if[[$USER!=‘root’]];then

alias

=“sudo updatedb; beep”

alias

=‘sudo tail -f -n20 /var/log/syslog’

# Fedoraはデフォルトで設定されてない

‘:completion:*:sudo:*’command

path

local

exportPATH=$PATH

local

fi

# —– Abstraction (予定)

alias

suspend=“sudo /usr/sbin/pm-suspend”

alias

=“sudo /usr/sbin/pm-hibernate”

if[[-x

]];then

alias

=“sudo yum update”

alias

=“sudo yum install”

elif[[-x

]];then

alias