作成者別アーカイブ: kcrt

Affinity Designer で pdf を編集してみる

serifのAffinity Designerはシェアウェアで¥5000もしますが、トップレベルのベクターグラフィック編集ソフトです。

demoを見てもらうとどんなソフトウェアか分かってもらえると思います。

イラストを描く方にはもちろん便利なソフトウェアだと思いますが、pdfの編集にも大変威力を発揮します。

IGF1SDbyGroup_raw

たとえば、Rやその他のソフトウェアでこんな出力が得られたとします。何の変哲のない箱ひげ図で、このままでも充分使用はできますが、よく見ると色々と不満が出てきます。

affinity

実際にこういった画像を綺麗に編集するのは難しく、グラフィックソフトウェアでちまちま編集するか、PowerPointやKeyNoteに貼り付けた後、上から覆いかぶせるように図形やテキストを駆使しして見栄えを調整するか、もしくは最終的には諦める、という風になっていたと思います。

もちろん、Adobe Illustratorは選択肢の一つですが、高価であり個人用途で簡単に手を出せるものではありません。

Affinity Designerはpdfのファイルを開くことができ、色々と編集した上で、pdfやpngなどで保存することができます。

先程の例でも、

screenshot

必要に応じて、テキストの大きさ・色・内容を変更して…

IGF1SDbyGroup

グラフの色や線の太さなども簡単に調整して保存することができます。このくらいの作業なら慣れたら3分もかかることなく簡単に行うことができます。

現時点では、日本語化されておらず、一部フォントで日本語の表記が乱れるようですが、画像の編集は問題なく行えています。

近いうちに日本語化すれば、Adobe Illustratorの代替として一番におすすめできるソフトウェアになると思います。

Manual – iOS 8 でシャッター速度の調整できるカメラアプリ

iOS8では、アプリケーションからカメラのシャッター速度や感度などいろいろな項目を変更することが出来るようになっています。

iPhone/iPad用にシャッター速度などを調整して撮影ができるアプリはいろいろありますが、Manual (Little Pixels)は、有償アプリ(日本: 200円)ですが大変わかり易くて便利です。

manual_icon

アプリを起動すると…

manal_operation

いろいろと操作項目のあるカメラ画面が出てきます。ここからフラッシュ・フォーカス・色温度・ISO感度・シャッター速度・露出を調整できます。

たとえば、フォーカスを押すと・・・

focus

こんな感じで、画面の上部にフォーカスの設定部分が出てきます。

また、シャッター速度の変更ができるのが便利です。

例えば、ファンがこんな感じで回っていたとして・・・

標準のカメラで撮影した場合はこんな感じです。明るい部屋ですが、回転するファンの羽はブレたものになってしまいました。

normalsetting

Manualを使用して、シャッター速度と感度を調整するとまるで羽が止まっているように撮影することができます。

highspeed

もちろん、普通のデジカメと同じように、とまでは行きませんが、調整できる幅が広がることで、今まで取れなかった写真を取ることもできるのではないでしょうか。

Google Chrome Canary を デフォルトブラウザに変更する方法 (Mac Yosemite)

 

Google Chromeインストール後にChrome Canaryをインストールした場合、「この Google Chrome はセカンダリ インストールのため、既定のブラウザには設定できません。」と表示され、デフォルトブラウザにすることができません。

defaultbrowser↑こんな感じで表示されます。

この場合でも、システム環境設定から設定することでデフォルトブラウザにすることができます。

一般システム環境設定の「一般」から・・・

defbrowser

デフォルトWebブラウザを変更することができます。

 

成人・小児のGFR計算式

eGFR(推定糸球体濾過量) または CCr(クレアチニンクリアランス) が 腎機能の評価に使われます。

しかし、計算式にはいろいろなものがあり、大変わかりにくくなっているのでまとめておきます。

Cockcroft-GaultのCCr計算式

臨床現場でもよく利用されている式です。原典はCockcroft D W & Gault M H. Prediction of creatinine clearance from serum creatinine. Nephron 16:31-41,1976.です。18歳から92歳の249人を対象として求めらた式です。

体表面積1.73m2を基準にしているので特に小柄な人では値がずれやすいのに要注意です。また、Jaffé法(後述)を使用しています。

男性:   女性: 

この式で求めるのはeGFRでなくCCrです。クレアチニンは(イヌリンと違い)尿細管からの分泌を受けるため、厳密に言うと糸球体濾過量+αの排泄があります。そのため、GFRよりCCrの方が少し大きな値になります。CCrをeGFRに変換する数式としては、Leveyの補正を用います。

MDRD

MDRDはModification of Diet in Renal Diseaseの略です。 続きを読む

ディスクの故障とデータのサルベージ

ディスクの故障、ある日突然やってきます。残念ですが、ハードディスクは消耗品であり、ある日突然データが読めなくなっても不思議ではありません。現在普及しているUSBメモリ・SDカード・SSDも物理的には安定とはいえ、何らかのトラブルが起これば読み込みができなくなることも多々あります。

自分がトラブルに陥った時に、たいへん助かったツールをご紹介いたします。

まずはじめに・・・

あなたがこのサイトを、Googleで探し当てたということは、おそらくデータのバックアップを取っていなかったということを意味するのだと思います。

今回を契機に、適切なバックアップ環境の構築をおすすめします。データの復旧は、バックアップの何倍もコストが掛かり、時間を浪費し、また確実にデータが戻ってくるとは限りません。

データ復旧専門の会社

復旧には手間も時間もかかります。もし自信がなければ、お金がかかりますがデータ復旧専門の会社、たとえば日本データテクノロジーさんなどの専門会社さんへ依頼するのがお勧めです。

注意: 以後のソフトウェアはプロフェッショナル向けです。使い方を間違えると、復旧できるはずだったデータが戻らなくなるだけではなく、現在確保できているデータさえ失う可能性があります。

GNU ddrescue

辛うじてデータが読み込みできているディスクに頻繁にアクセスを行うと、それだけでディスクに負担をかけてしまうことになります。まずはディスクをイメージとして確保しましょう。 続きを読む

Pixelmatorの新機能 新しくなった修復ツールがすごすぎる

repair_nosheep

この画像、実は、あるものを消しているのです。どこに何があったか分かりますか?

続きを読む

タブ文字はもう使うべきではない (Python + vim編)

Ubuntu 12.04 LTSからUbuntu 14.04 LTSにアップグレードしたところ、vimの設定ファイルが変わったのか、自分の.vimrcの設定に関わらず、tabstopが8で表示されるようになってしまいました。

tab8

続きを読む

LMS法について

近年、年齢ごとの標準値などを考える際に、LMS法という統計手法が用いられることが多くなっています。

従来の正規分布の考えと、その考え方からなぜLMS法が生まれてきたかを解説します。

続きを読む

gitのお気に入りコマンドなど

お気に入りのgitの設定およびコマンドです。

git status -sb

[alias]
st = status -sb

と登録しておくのがお勧めです。git status –short –branchの省略形です。

通常の場合、

$ git status

を実行すると、

gitstatus

と、本来必要である情報以上にたくさんのメッセージが表示されます。もちろん、なれないうちは大変助かるメッセージではありますが、慣れてくると冗長すぎてむしろ見通しの悪さを感じてきます。

$ git status -sb

では、

gitstatussb

と、本来必要な情報を簡潔に表示してくれます。

git 1.8.4以上をお使いならばGitの更新ログにあるようにstatus.shortとstatus.branchというconfigがありますのでそちらを利用するのもお勧めです。

pager = less -r

(参考: どせいけいさんきより)

git diffなどの結果は、core.pagerで設定したコマンドに送られます。現在の設定が不明な場合は

$ git config --get core.pager

で調べることができます。おそらく、設定していない場合はlessが標準のページャとして使用されていると思います。

標準のlessは長い行を折り返してくれないので、

gitless

こんなかんじで、長い文は右側にはみ出してしまって見通しが悪いです。

.gitconfigに

[core]
pager = less -r

と設定することで、

gitlessr

長い行は自動的に折り返してくれるので見通しが良くなります。

git diff –word-diff

長い行も一度に表示できるようになって少し見通しが良くなったとはいえ、上記のdiffでは結局どこが変わったのか調べるのはかなり大変です。

$ git diff --word-diff

を使うと

gitworddiff

変更になった部分だけをハイライトして表示してくれます。知っていると便利なコマンドです。

git commit -v

コミットログの記載画面にコミット内容を表示することができます。

gitcommitv

こんな感じでコミットログ記載部分の下部に今回のコミットではどの部分が変更されたかが表示されます。

git log –graph

僕のおすすめは

$ git log --graph --date=short --pretty=format:'%Cgreen%h %cd %Cblue%cn %Creset%s'

です。

gitloggraph

こんなかんじで履歴をコンソール上でグラフィカルに表示してくれます。いろいろ設定オプションがありますが僕は上記を使っています。

もちろん、vim上でgregsexton/gitvを使うという手もあります。

僕がMacBookで必ず使う43のソフトウェア達

macapps

最近良く見かけるのでやってみました。

よくあるやつです。

僕がMacを使っていて、なかったら困るソフトウェアをまとめてみました。

続きを読む