vimrc

注意

この記事はobsoleteです。あたらしいvimrcが僕がMacBookで必ず使う43のソフトウェア達にありますのでそちらをご参照ください。

なんだか最近vimrcとか、環境をさらすのがはやってるらしいね。というわけで公開いたします。検索から来た人の役に少しでも立ってくれれば、と。
かなり特殊なところが多い・・・ですが、とてもおもしろい部分も多いと思うので是非見てやってください。あ、でも変なこともしてるので理解せずそのまま使うのはあんまりおすすめできない・・・かも。
あ、あとDebianでしか試してないんで、Fedoraだとここはこうだよ、的なことがあったら是非教えてください。

vimrc(このエントリ)・zshrcscreenrc

スクリーンショット

vimrc

.vimrc

 

” .vimrc

” kcrt <kcrt kcrt.net>

scriptencoding

8

setnocompatible” 拡張機能を有効にする

” —– 最初から入ってる奴 ———————–

if

>2||has(“gui_running”)” カラーディスプレイ

syntaxon

endif

filetypepluginindenton

augroup

autocmdFileType

setlocaltextwidth

autocmdBufReadPost

¥if

“‘¥””

>0&&

“‘¥””

<=

“$”

¥

“normal g`¥””

¥endif

augroup

” —– 設定 ————————————-

setbackspace

” <BS>の動作設定

sethistory

” :コマンドの履歴数

setshowcmd” コマンド表示

setlaststatus

” 最下部情報行の行数

setstatusline

:

sethlsearch” 検索時ハイライト有効

” —– マウス ———————————–

if

==“screen”

setmouse

” マウス有効

setttymouse

endif

” —– タブインターフェース(またはバッファ) —–

map

” C-Tabでタブが使えるときはタブを切り替え

” 使えない場合はバッファの切り替えを行う

if(

(“:tab”))

nmap<C-Tab>

<CR>

nmap<C-S-Tab>

<CR>

else

nmap<C-Tab>

<CR>

nmap<C-S-Tab>

<CR>

endif

“C-→とC-←をC-Tab, C-S-Tabと同様の操作にする

nmap^[

<C-Tab>

nmap^[

<C-S-Tab>

” タブラインの表記

settabline

“後述

” —– コマンド略記——————————

ca

help

” —– 補完 ————————————-

setcomplete

,

,

,

,

,

,

if(

(‘*pumvisible’)&&

(“gui”))

inoremap<expr><CR>

¥<c-y>

¥<c-g>

¥<cr>

inoremap<expr><Esc>

¥<C-E>

¥<Esc>

” inoremap <expr> <c-n> pumvisible() ? “¥<lt>c-n>” : “¥<c-n>¥<c-r>=pumvisible() ? ¥”¥¥<lt>down>¥” : ¥”¥”¥<lt>cr>”

endif

if(

(‘&omnifunc’))

imap<C-Space><C-X><C-O>

else

imap<C-Space><C-N>

endif

” —– その他のキー設定 ————————-

map<F1>

nnoremap<UP>

nnoremap<DOWN>

” —– 文字エンコードの設定 ———————

setfileencodings

,

,

setfileencoding

” デフォルトのファイルエンコーディング

setambiwidth

” 幅未定義MBSCの幅

” —– 親切設定 ———————————

setshowmatch” 対応する括弧を強調表示

setdisplay

” @@@表示

” —– 検索 ————————————-

setincsearch” インクリメンタルサーチ

setignorecase” 検索時大文字・小文字無効

setsmartcase” 検索時大文字・小文字自動判別

” 見つかったアイテムを自動的に中央に

nmap

nmap

” —– タブとインデント ————————-

settabstop

” <Tab>に対応する空白数

setshiftwidth

” インデントに使われる空白数

setsofttabstop

” タブとして使われる空白数

setautoindent” 自動インデント

setsmartindent” スマートインデント

” —– バックアップ —————————–

setbackup” バックアップ有効

:フォルダがあるかどうか調べる

ifhas(“win32”)

setbackupdir

:

else

setbackupdir

endif

” —– クリップボード —————————

nmap<C-R>

<C-O>

nmap

ifhas(“win32unix”)” cygwinの事です

nnoremap

<CR>

vnoremap

<CR>

<CR>

elseifhas(“unix”)

if$TERM==“screen”

nnoremap

<C-O>

<CR>

vnoremap

<CR>

<CR>

<CR>

else

nnoremap

<CR>

vnoremap

<CR>

<CR>

endif

endif

” —– screen関係の設定 ————————-

if

=~“screen”

augroup

autocmdVimLeave

silent

‘!echo -n “^[k’.

shell.‘^[¥¥”‘

autocmdBufEnter

silent

‘!echo -n “^[k’.“vim:%”.‘^[¥¥”‘

augroup

endif

” set printfont=”ヒラギノ” -> gvimrc

” —– テンプレート —————————–

augroup

autocmdBufNewFile

0

.

autocmdBufNewFile

0

.

autocmdBufNewFile

0

.

autocmdBufNewFile

0

.h

augroup

” —– ファイル別設定 —————————

augroup

autocmdBufNewFile

BufRead

setf

autocmdBufNewFile

BufReadPre

setfileformats

,

autocmdBufNewFile

BufReadPost

setfiletype

autocmdBufNewFile

BufReadPost

setfiletype

autocmdBufNewFile

BufRead

<F5>

%:p

autocmdBufNewFile

BufRead

<F5>

%:p

autocmdBufNewFile

BufRead

<F5>

%:p

autocmdBufNewFile

BufRead

<F5>

call

<CR>

augroup

let

=1

let

=1

let

=1

” —– howm ————————————-

ifhas(“win32”)

let

=“d:/kt/howm/”

else

let

=“~/howm/”

endif

let

=“%Y-%m.howm”

let

=“utf-8”

let

=1

let

=1

” —– PHPManual ——————————–

auBufNewFile

BufRead

map

” —– その他のプラグイン ———————–

runtime

.vim

let

=2

sett_Co

ifhas(“gui”)

endif

colorscheme

” —– 色の宣言(上書き) ————————-

hi

guibg

#4242ffguifg

gui

bold

hi

guibg

guifg

ctermbg

ctermfg

gui

bold

hi

ctermfg

guifg

hi

guifg

hi

ctermfg

guifg

hi

guifg

#eeee55guibg

#333300ctermbg

ctermfg

hi

ctermbg

ctermfg

guibg

guifg

hi

ctermbg

ctermfg

guibg

guifg

hi

ctermbg

ctermfg

guibg

guifg

hi

ctermbg

ctermfg

guibg

guifg

hi

ctermbg

ctermfg

gui

bold

hi

ctermbg

ctermfg

gui

underline

hi

ctermbg

ctermfg

” —– 色の宣言(オリジナル) ———————

hi

guifg

#e0b611ctermfg

hi

guifg

#b08d33ctermfg

hi

gui

bold

hi

gui

italic

hi

guifg

#ddddddctermfg

hi

guifg

ctermfg

hi

guifg

guibg

gui

italicctermfg

ctermbg

hi

guibg

#222200guifg

ctermbg

ctermfg

hi

ctermbg

ctermfg

hi

ctermbg

ctermfg

guifg

guibg

” —– 文法定義(見出し) ————————-

auSyntax

syntaxmatch

display“^¥* .*”

auSyntax

syntaxmatch

display“¥t¥* .*”

auSyntax

syntaxmatch

display“¥t¥t¥* .*”

auSyntax

syntaxmatch

display“^[¥t  ]*[・□■○●][^・].*”

auSyntax

syntaxmatch

display“^[・□■○●][^・].*”

auSyntax

syntaxmatch

display“^[¥t  ]*¥*¥* .*”

auSyntax

syntaxmatch

display“^[¥t  ]*¥*¥*¥* .*”

” au Syntax * syntax match HR display “.*—–.*”