カテゴリー別アーカイブ: ソフトウェア

僕がau IS01にいれたAndroidソフトウェア

なんとなく僕がIS01にインストールしたソフトウェアをメモがわりに書いておきます。

Androidにインストールしたい方はこのarticleにからアクセスすれば幸せになれるとおもうよ。PCから下記リンククリックしても飛べません。残念。

通信系

Twicca (Tetsuya Aoyama)

Twitterクライアントではピカイチ。プロフィール閲覧からハッシュタグ検索まで全てとも言える機能がまとまっています。yfrogやtwitpicを利用して写真を載せることも。横画面でも違和感なく使用できます。

Tuboroid / 2ch Viwer(Hiroyui Narazaki)

2chを見るソフト。「anちゃん」はなぜか巡回しない設定でも無駄にServiceが常駐しますがこちらはそんなこともないです。AAが綺麗に表示できる機能付き。

K-9 Mail (K-9 Dog Walkers)

標準搭載のGMailの代替として使用しています。IMAP IDLEにも対応。十分に高機能です。

ジョルテ (Johospace Co., Ltd.)

標準スケジューラの代替として。Google Calendarの内容が表示できます。IS01は標準スケジューラが十分に高機能で不自由がないのですがなんとなくジョルテを愛用しています。

Nimbuzz (Nimbuzz BV)

MSN MessengerとSkype用に。

ConnectBot (Kenny Root and Jeffrey Sharkey)

SSHやTelnetが使えるソフトウェア。うーん、ここまでできるとは、さすがAndroid。ガラケーではこうは行きませんね。さりげなくlocal terminalも使用できます。busyboxいれてtop眺めるだけでもちょっと面白いです。「|」(パイプ)の入力の仕方がわからんとです。

画像

Adobe Photoshop Express (Adobe Systems)

簡易画像編集に使ってます。とった画像の一部分だけ切り取って友人に送るときなどに重宝。

システムその他

シェアウェア SystemPanel App / Task Manager(Next App, Inc.)
フリー SystemPanelLite Task Manager(同)

フリー版で機能は十分。ただ、すごい良いソフトだったのでお金を払いたくなって上記を購入してしまいました。タスクマネージャーの中でも分かりやすくて良いと思っています。

Simeji (adamrocker)

日本語変換ソフト。標準のは変換候補領域が大きすぎてうるさいので。IS01ではちょっとバグリ気味ですが気にせず愛用しています。

LED Light (picolyl)

デスクトップにWidgetを置いておきましょう。きっといつかやくにたつはず。

添付文書検索ツール (kaepapa)

薬の添付文書を閲覧するツールです。AndroidブラウザではPMDAのサイトからの検索は面倒ですがこのソフトを利用すれば目的の情報に素早くアクセスできます。作者は現役薬剤師さんだとのこと。

あとはファイルマネージャとDropboxをいれていますがおすすめ出来るほど使いこなせてないので割愛。なんかいいの見つけたらまた書き足します。





IS01で右サイドバーの無いアプリを作成する方法

発売して結構時間がたってるけど誰も書かないので書いちゃう。

IS01はよくあるAndroid端末と違い、特殊な解像度を持っています。一般のソフトウェアに配慮してか、右側にサイドバーが表示されてその全体を使うことは通常できませんでした。

今回のサンプルではそれを回避する方法を書いています。

package com.example.is01.fullscreen;
/*
 * IS01 FullScreen Window Sample
 *      IS01の邪魔なサイドバーを回避するサンプル
 *      Programmed by kcrt <kcrt _atmark_ kcrt.net>
 *          Nanoseconds Hunter "http://www.kcrt.net/"
 * $id:$
 */
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import java.lang.Class;
import java.lang.reflect.Method;

public class StartupActivity extends Activity {
    /** Called when the activity is first created. */
    Method setFullScreenMode;
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
        try{
            Class<?> sgManager = Class.forName("jp.co.sharp.android.softguide.SoftGuideManager");
            Class<?> paramstype[] = {boolean.class};
            setFullScreenMode = sgManager.getMethod("setFullScreenMode", paramstype);
        }catch(Exception o){
            Log.d("is01fullscreen", "failed" + o.getMessage() + ":" + o.getClass().toString());
        }
    }

    @Override
    public void onResume(){
        super.onResume();
        try{
            setFullScreenMode.invoke(null, true);
        }catch(Exception o){
            Log.d("is01fullscreen", "failed");
        }
    }
}

結論からいうと、jp.co.sharp.android.softguide.SoftGuideManager::setFullScreenMode(true)をonResumeで呼び出してあげる事になります。これタイマーで呼び出したりできないのかな。また試してみよう。

Javaでプログラムを書くのは初めてなのでおかしかったらごめんなさいな。

あ、あとバージョンアップで潰されたらごめんなさい。

zipで欲しい人: IS01FullScreenSample

crontab temp file must be edited in place

% crontab -e
crontab: temp file must be edited in place
Snow Leopardでcrontabを編集するとこうなった。Mac OS X で cron を使う(EDITOR=vim)を参考にするところによるとset writebackupが原因の様子。保存するときに、別名で保存→元ファイルを削除→保存ファイルを元ファイルの位置へ、としているためi-nodeが変わるのが原因の様子。
元サイトの対処方法でも良さそうだけど、crontabだけ特別扱いして上げたかったので.vimrcに
autocmd BufRead /tmp/crontab.* :set nobackup nowritebackup
で対処。

WiMAXを導入してみた。

先月からエリア内ということでWiMAX導入してみました。というわけでレビューです。場所は、とある政令指定都市の片田舎、わかりやすく言うと大都会岡山の北区の端っこです。

WiMAX導入のきっかけ

いままではKDDI auのPacketWINを使用していました。こいつはなかなかの速度で使えて、エリアもとても広く素晴らしかったですが、いかんせん高価で、最大で13,000円/月かかります。もちろん、データ通信を行わなくてもメールや携帯サイトで結局はダブル定額の最大値まで行ってしまい結局は4,200円/月かかると考えると、差額としては+9,000円/月くらいですけど、それでもなかなか高価です。対応プロバイダを使用していないとau.NETで+900円/月かかります。

今回はWiMAXの4,480円/月(プロバイダ料金も不要)というのに魅力を感じて乗り換えを決意しました。

WiMAXの種類

WiMAX = UQ WiMAXかと思っていたら、Bic WiMAX ServiceYAMADA Air Mobile WiMAXなどいろんな会社が提供しているんですね。どれも電波強度・速度は一緒ですが、今回はBic WiMAX Serviceに申込むことにしました。

Bic WiMAX Service

Bic WiMAXの一番のすごいところは、端末がムチャクチャ安く手にはいることです。端末は選べず、MW-U2510のみですが、Amazonだと12,800円(AA)のこいつが2,800円とびっくりするほどの値引きっぷりです。安いからといって割賦や二年縛りがあるわけじゃないのがすごい。ただ、これで手に入るMW-U2510は市販のものとは違い”Bic WiMAX Service”専用機で、他のWiMAXサービス提供者との契約は不可能とのことです。

それ以外にWi2 300が無料でついてくるそうですが、大都会岡山では残念ながらマクドナルド以外に使用できる店舗がなく、これについてはあまり魅力的じゃありませんでした。

WiMAX使用

買ってきた通信端末。

通信端末

Bic WiMAXでお得なのはMW-U2510です。通常のMW−U2510と違って、

通信端末

色が黒いです。それがどうしたといわれると何でもないですが。

マニュアル4部

なぜか、「かんたん設定マニュアル」が2セットはいってました。Mac2部とWin2部。謎。

接続図

で、こんなふうにUSBポートに刺すと、ディスクとして認識され、インストーラを実行する事ができます。

光学ディスクアイコン

こんな感じで「WiMAXInstallDisk」というアイコンがデスクトップに表示されます。この中にインストーラーが入っています。ただし、インストーラーは製造元のシンセイコーポレーションのウェブサイトに新しいバージョンのものがありますのでインターネットに接続されている環境では最初から新しいものを入れることをおすすめします。あとからバージョンアップもできますが。上の 「WiMAX CU」はインストール後の接続ソフト。

ようこそ

で、まぁインストーラを起動して普通にインストール。特に困ることなく進んでいきます。

インストール完了後は先程の「WiMAX CU」のアイコンがデスクトップに現れますので起動してみます。

WiMAX端末が接続されていません

で、ここで困ったのがどうがんばっても「WiMAX端末が接続されていません」となるんですよね。いろいろ試してみた結果、どうやら64 bitカーネルで起動しているとうまく認識されない(64bitドライバが含まれていない)みたいです。64 bitカーネルを使用中の方は32 bitカーネルに変更する必要があります。これからどんどん64 bit化されて行く時代にとても残念ですが、次期バージョンで改善されることを期待しています。

WiMAXが見つかりません

で、32 bitカーネルに切り替えて起動してみるとデバイスは認識されました。が、圏外・・・。

デバイスをUSB延長ケーブルに接続して窓際に置いてみると

WiMAX接続中

おぉ、電波が入った!数mしか離れていないのに窓際はやっぱり違いますね。電波強度が弱いので心配しましたが、速度の方は

471.4KB/s

安定して450KB/s程度は出ているのが分かると思います。モバイルインターネットとしては無類の速さです。今まで使っていたPacketWINは実効130KB/s程度出ていたのですが、YouTubeでHD動画一本見ただけですぐに速度制限が始まってどんどんと低速になっていましたが、Bic WiMAXは(今のところ)速度制限はされてないようで、しばらく負荷をかけても安定した速度が保てました。

使ってみて

まず、みんなが書いていることですが、電波状況はムチャクチャ悪い。公式サイトのエリア内でも、建物に入ると数mで通信できなくなります。さすが2.5GHzですね、と嫌味も言いたくなるほどです。これは正直企業努力でどうにかなるものじゃないので心配になるほどです。WiMAX→WiFiレピーターで屋内は対応しようか、という話もあるそうですがじゃあ最初からWiFiでいいじゃんWiMAX端末いらないじゃんとなってしまうのでこの辺どうなるかは楽しみなところではあります。

ただ、窓際など接続出来る場所では十分な速度が出ます。電波強度弱くらいで450kb/s(3.6Mbps)くらいは平均してでるっぽいです。しかし、こればかりは電波が入らないとどうしようもないので導入を検討される方は、15日間お試しキャンペーンなどを利用して普段使えるところが電波を拾うか必ずチェックすることを強くおすすめします。

あと、Mac上でしか使ってないですが、wimaxdやWiMAX Connect Utilityが何度か落ちました・・・。端末をつけたままハイバネーションから復帰すると戻ってこないことも多いし。通知領域にもアイコンがあるくせに無駄にDockも占領するし(対策法のDisabling the dock icon参照)。何とかならんものか。

最後に

なんだかんだ悪いとこもあるけど、通信速度もなかなか早いし、結構満足しています。リフレクターを作成すると速度が早くなる、という記事を見たので実際に試してみましたが確かに速度が早くなる様子でおすすめです。僕はダイソーで売っている金属ボウルを使っています。また、少しずれただけでかなり電波強度が変わるので、最低でも5m程度のUSB延長ケーブルを用意しておくといろいろな位置において試せるので便利そうです。

プロバイダがない、ということでプロバイダ提供のメールアドレスがありません。僕は全く困ってないですが、フリーメールでは申込めないサービスを利用される方は困ることがあるかもしれません。一応。

今後の安定度向上とエリア拡大に期待しています。


Google IMEバージョンアップ

Google IMEがバージョンアップされて、郵便番号が変換できるようになった。(他にもSafariで変換候補ウィンドウが出ていなかったバグが治っているみたい)

郵便番号は固有事業所番号にも対応しているので

「700-8544」が「岡山県岡山市北区大供 岡山市役所」と変換されてちょっと面白い。

くだらないUnix技まとめ

(便利で)くだらないUnix技は?のまとめです。

元スレそのままだと、見にくいのと、どういう結果が起こるのか分かりにくいのと、実行すると危ないコマンドがあるのでまとめてみました。全部羅列している訳じゃないので全部読みたい人は元スレをば。

  • eject – CD-ROMドライブなどを開いたり閉じたりする
  • type – コマンドの種類の説明を表示する
    • type ls すると ls is an alias for ls -F –color=tty
    • type echo すると echo is a shell builtin
    • type makeすると make is /usr/bin/make
  • look – 指定した文字列で始まる行を表示
    • look nano とすると nanograms, nanomelus, nanometer…といった単語が出てくる。
  • init 0 – システムを停止させる
  • echo ^O – バイナリファイルを表示したりしておかしくなった画面を直す
    • ^OはCtrl+V Ctrl+Oで入力できる
    • # ぼくはresetコマンドをよく使います。
  • echo ^G – ベルを鳴らす
    • ^Gの入力方法は、Ctrl+V Ctrl+Gと入力する
  • sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 1000 -l 2000
    • ごめんなさい、CentOSなので試せませんでした。
    • 試せた人、連絡ください。
  • echo ‘C16P16P4.C16P16P4.C16P16P4.>C2’ >/dev/speaker
    • これも試せませんでした。

    ping hogehoge | sed -e ‘s/bytes from/^Gbytes from/’

    • pingで繋がっていたら音を出す
    • # 同じことが引数で出来た気がするけど記憶違いかな?
  • bc – 電卓ソフト
  • dc – RPN形式の計算ソフト
    • 2 3 + 4 *とか・・・。pで印字。
  • tail -f ファイル名 – 追っかけ表示
  • echo $[2#1111+1]
  • cal – カレンダー表示
  • grep –数字数字行だけ前後も表示
  • diff –side-by-side – diffの2カラム表示
    • # 僕はvimdiffが好きです。
  • find – ファイル検索
    • たくさんあるんで割愛
  • ^Z, jobs, fg, bg – コマンドのサスペンド、一覧、フォアグラウンド実行、バックグラウンド実行
  • cd – 前回のディレクトリへ移動
  • !! – 直前のコマンドを実行
    • タブで展開できます
  • cat /dev/urandom > /dev/dsp
    • 実行してません。ホワイトノイズ再生だと。
    • 自己責任で。
  • man ascii – アスキーコード表
  • man console_codes – エスケープシーケンス一覧
  • sl – 入ってない方はWikipediaのslを参照。
  • banner – 文字を大きく表示
    • CentOSに入ってなかったので試してません。
  • aptitude moo
  • aptitude -v moo
  • aptitude -vv moo
  • 以下略
    • Debian/Ubuntuの方はどうぞご自身でお試しください。
  • yes 永遠に’y'(または指定した文字)を表示
    • yes | yum install みたいに使えます。
  • seq 数値 – 数列の印字

WordPressへ移行

いままではロリポブログを使っていましたが、いろいろカスタマイズしてみたくなりWordPressへ移行することにしました。
だからといって何が変わるわけではないですが。

Microsoft Image Composite Editor

複数画像をドロップするだけで簡単にパノラマ画像が作れる「Microsoft Image Composite Editor (ICE)」(TERRAZINE)というエントリを見て実際に画像を合成してみました。すっごい性能良いですね、これ。むかしPhotoshopのPhotomergeって機能を使わせてもらったことがあるんですけど比べものにならないです。
ソフトの使い方はリンク先のエントリを見れば分かるとして、使い方にいくつかコツを見つけたので紹介。

ホワイトバランスは固定にする

ある程度はMS ICEが調整してくれるみたいですが、やっぱり固定にした方が調子はよいようです。フラッシュなんてもってのほか。ほとんどのデジカメならホワイトバランスは固定に設定できるはずです。

近くは出来るだけ写らないようにする

遠くの風景メインで合成したいときにすぐ近くの物体が写り込んでしまうとそこだけつなぎ目が不自然になったりしてしまってちょっと残念になってしまいます。近くの物体は写す角度によって大幅に見た目が変わってしまうので合成が難しいようです。できるだけ写り込まないようにしましょう。もしくはMS ICEに喰わせる前にトリミングしてしまうのも手。

たくさん撮る

一方向に付き最低でも二枚ずつ撮った方が良いと思います。あとから「この方向の写真だけちょっと微妙…」と思っても、もう二度と取り直しは出来ません。天候や時間によって撮れる写真は異なります。
変な角度の写真も撮っておくとあとで使える場合も多いです。真ん中の下がほんのちょっとだけ欠けてるから大きくトリミングしなければいけなくなった…なんてことを避けるためにもいろいろな方向を撮っておきましょう。

出来るだけ少ない画像から試す

せっかくたくさん撮ったのになんで!と思われるかもしれませんが、できるだけ少ない写真を使った方が合成する場所が少なくてすむのできれいな画像が出来るようです。
具体的に言うと
photomerge撮影法
1の様な画像を作りたいときに、ついつい2の方が良い画像が出来そうな気がします。でもそうではなく3のような画像を使用した方がきれいな画像が出来ました。
何枚も撮っているとどんどん画像を追加したくなりますが、ここはぐっとこらえて、全体をカバーできる最小の枚数から試してみてください。するとつなぎ目が不自然な場所や欠けたオブジェクトのある場所が出来ると思います。こんどはそこの部分が写っている画像を追加してもう一度MS ICEに喰わせる。それを繰り返すのが良い画像を作るコツだと思います。
画像が多い方がデキがよいかと思って何十枚も撮った写真を喰わせてみませたが、五枚から作った画像に明らかにまける結果となってしまいました。

絶対に切れて欲しくないものが写っているものをまず選ぶ

どうしても切れて欲しくないもの(人物とか、オブジェとか)をまず選んで、その近隣・間となる写真を選ぶとつなぎ目になる部分が目立ちにくい場所になるのでおすすめです。

とかなんとか色々言いながら、↓の写真はそんなこと考えずに手元にあった写真をたんにドラッグアンドドロップで合成したものですw
canal
でも、充分きれいに合成できているのが分かると思います。

オープンソースだとhuginというのもあって、こっちの方が細かい設定が出来るけど、性能が格段に良いってわけではないみたい。ただ、MS ICEはフルオートなのに対して、huginはキーポイント(どの点を頼りに画像の合成を行うか)を手動で編集できたりして、変な画像になったときに対処しやすい。MS ICEでやってみて、無理だったらhuginでちまちまやるってのが楽で良いんじゃないんかな。

Tech-Security � Ophcrack 2.1 – LiveCD (Linux) & 2.1 Install (Win)

Tech-Security � Ophcrack 2.1 – LiveCD (Linux) & 2.1 Install (Win)

CDから起動すれば数分でWindowsのパスワードを解析してくれるすばらしいソフトだよ!実際やってみましたが、数分とは行かないもののコンビニ行って帰ってくるまでにはパスワードが表示されていました。おそろしや。

対策はこちらへ。

Colorize Black and White Photos – Recolored

Colorize Black and White Photos – Recolored

Recoloredというソフトがすばらしすぎるんでメモ。

モノクロ
というような画像を簡単な操作で

カラー

ここまで色つけできます。すごい!