vim QuickRunとsyntasticで clang++のC++11を使う方法

これでMac OS 10.8.3 Mountain Lion + Xcode 4.6.1でもC++11使い放題。

動かない場合はきちんとclang++がインストールされているか、まずはwhich clang++で確認を。

if executable("clang++")
  let g:syntastic_cpp_compiler = 'clang++'
  let g:syntastic_cpp_compiler_options = '--std=c++11 --stdlib=libc++'
  let g:quickrun_config = {}
  let g:quickrun_config['cpp/clang++11'] = {
      \ 'cmdopt': '--std=c++11 --stdlib=libc++',
      \ 'type': 'cpp/clang++'
    \ }
  let g:quickrun_config['cpp'] = {'type': 'cpp/clang++11'}
endif

 

vim QuickRunとsyntasticで clang++のC++11を使う方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 僕がMacBookで必ず使う41のソフトウェア達 – Nanoseconds Diary

コメントを残す