経口セフェムメモ

自分用に薬の使い分けメモを書いていく。

いちおういろいろ調べて書いてますが無保証です。臨床で使われる方はご自分でも調べて使ってください。

第1世代

腸球菌(Enterococcus)をのぞくグラム陽性球菌・E. coliなど

  • Cefalexin [CEX] (ケフレックス)
  • Cefaclor [CCL] (ケフラール)

使い分け

  • CEXは扁桃腺への移行がCCLより悪い
  • CEXはおいてない病院・薬局が多い(らしい)
  • CEXは腸球菌への適応がなぜか通っている(もちろんセフェムなので使わないのが無難だと・・・)
  • CCLは吸収率がCEXより悪い(同量だと血中濃度が低くなる)
  • CCLはH. influenzaeに効果あり。ただし、β-lactamase産生菌には無効。
  • CCLは他のβラクタム系と比較してアナフィラキシーの頻度が10倍以上高い。
  • 第3世代(CFDN, CFPN-PI, CDTR-PI)と比較して常用量が多い(CDPN-PI 9mg/kg/day に対して CCL 30mg/kg/day)→少々MICで劣っていても血中濃度は高くなるので、感受性のあるMSSA, E.coliなら優位かも

第2世代

腸内細菌に強くなった代わりにグラム陽性菌に弱くなった。インフルエンザ菌に効く。

  • Cefotiam [CTM] (パンスポリン)
  • Cefuroxime Axetil [CXM-AX] (オラセフ)

使い分け

  • あんまりどっちも使わないからわかんない

第3世代

より広くなった。髄液移行性がよくなった。

  • Cefdinir [CFDN] (セフゾン)
  • Cefcapene Pivoxil [CFPN-PI] (フロモックス)
  • Cefditoren Pivoxil [CDTR-PI] (メイアクト)

使い分け

  • CFDNはスペクトラムがちょっと狭い。
  • というかCFDNって第2世代じゃなかったの?
  • CFPN-PIは淋菌への適応がある。
  • CFPN-PI・CDTR-PIはそれほど耐性でないPRSP・BLNARにも効果がある。
  • CDTR-PIは牛乳アレルギーの人には使えない。→最近のは大丈夫

その他

FRPM (ファロム)

  • PRSPに有効.

コメントを残す