文字列をゴミ箱に入れる

本当にあった脱力PC話」に、

わたしがこれまで最も感心した話は、オヤジBさんがワープロソフトを使っているとき、削除したい部分を範囲指定し、ドラッグしてゴミ箱に捨てようとした話だ。もちろん、ゴミ箱に捨てられるのはファイルとフォルダだけで、文字列は捨てられない。Bさんは何度も試し、たびたびPCを再起動したが、らちがあかない。だれかが「それは無理だ」と教えてあげたのだが、Bさんは「文字を小さくしたのに」とフォントサイズを下げたのにゴミ箱に入らないことが許せなかったようだ。この話を20世紀末に知人から教えてもらったとき、MacとWindowsの別なくGUIの致命的欠陥を知った。メタファーは難しいのだ。

と、書いてありましたので実際やってみました。出来ました。

環境はMac OS X 10.6.4 Snow Leopard + Microsoft Word 2008 for Mac。Windowsで出来るかどうかは知りません。

文字列をゴミ箱に入れる」への2件のフィードバック

コメントを残す