仕込み

毎年欠かさずしていた果実酒作り。去年は当然というかなんというか忙しさと家に帰れなさで仕込みをできず。

今年は忙しくないというかなんというか、今月になっていきなりの出来ることの少なさと何をすればいいのか分からない戸惑いで既に2回も家に帰ってしまっています。先月までではありえないことです。

久しぶりに時間も出来たので、二年ぶりに漬け込み作業を行って見ることにしました。

梅は毎年漬けていたし、寝かせのための分を数年分ちょっとずつ残してきているので今回はパス。コーヒーも美味しかったけど、エスプレッソメーカーを使えてなくて豆がないので今年はパス。

で、何を漬け込むか迷った結果が↓

果実酒

こうなった。若干収集がついていないのではないかという意見もありますが、おそらく気のせいです。

どれもこれもおいしいものが出来そうです。一ヶ月くらいで引き上げした方がいいか、三ヶ月くらい漬け込んでおくか。徐々に変化する様子を楽しみにしていきたいと思います。

昔の仕込みのいちご酒も出してきてちょっと飲んでみたりして。やっぱり作った直後より数年寝かした今のほうが格段に美味しいですね。なんでだろう。

仕込み」への2件のフィードバック

  1. Tensai

    寝かせると美味しくなるのは、団子状になっているアルコール分子が時間とともに細かく分かれて単分子に近くなって水分子と良くなじんで、それを人間の舌がまろやかだと感じるかららしい。
    酵母の活動ではないのでアルコール度数や味の成分自体に変化はないそうな。

    返信
  2. kcrt

    ほほう・・・。
    それなら科学の力で美味しくできそうですね。超音波当て続けるとか。

    返信

コメントを残す