くだらないUnix技まとめ

(便利で)くだらないUnix技は?のまとめです。

元スレそのままだと、見にくいのと、どういう結果が起こるのか分かりにくいのと、実行すると危ないコマンドがあるのでまとめてみました。全部羅列している訳じゃないので全部読みたい人は元スレをば。

  • eject – CD-ROMドライブなどを開いたり閉じたりする
  • type – コマンドの種類の説明を表示する
    • type ls すると ls is an alias for ls -F –color=tty
    • type echo すると echo is a shell builtin
    • type makeすると make is /usr/bin/make
  • look – 指定した文字列で始まる行を表示
    • look nano とすると nanograms, nanomelus, nanometer…といった単語が出てくる。
  • init 0 – システムを停止させる
  • echo ^O – バイナリファイルを表示したりしておかしくなった画面を直す
    • ^OはCtrl+V Ctrl+Oで入力できる
    • # ぼくはresetコマンドをよく使います。
  • echo ^G – ベルを鳴らす
    • ^Gの入力方法は、Ctrl+V Ctrl+Gと入力する
  • sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 500 -l 100 ; sleep 0.9s ; sudo beep -f 1000 -l 2000
    • ごめんなさい、CentOSなので試せませんでした。
    • 試せた人、連絡ください。
  • echo ‘C16P16P4.C16P16P4.C16P16P4.>C2’ >/dev/speaker
    • これも試せませんでした。

    ping hogehoge | sed -e ‘s/bytes from/^Gbytes from/’

    • pingで繋がっていたら音を出す
    • # 同じことが引数で出来た気がするけど記憶違いかな?
  • bc – 電卓ソフト
  • dc – RPN形式の計算ソフト
    • 2 3 + 4 *とか・・・。pで印字。
  • tail -f ファイル名 – 追っかけ表示
  • echo $[2#1111+1]
  • cal – カレンダー表示
  • grep –数字数字行だけ前後も表示
  • diff –side-by-side – diffの2カラム表示
    • # 僕はvimdiffが好きです。
  • find – ファイル検索
    • たくさんあるんで割愛
  • ^Z, jobs, fg, bg – コマンドのサスペンド、一覧、フォアグラウンド実行、バックグラウンド実行
  • cd – 前回のディレクトリへ移動
  • !! – 直前のコマンドを実行
    • タブで展開できます
  • cat /dev/urandom > /dev/dsp
    • 実行してません。ホワイトノイズ再生だと。
    • 自己責任で。
  • man ascii – アスキーコード表
  • man console_codes – エスケープシーケンス一覧
  • sl – 入ってない方はWikipediaのslを参照。
  • banner – 文字を大きく表示
    • CentOSに入ってなかったので試してません。
  • aptitude moo
  • aptitude -v moo
  • aptitude -vv moo
  • 以下略
    • Debian/Ubuntuの方はどうぞご自身でお試しください。
  • yes 永遠に’y'(または指定した文字)を表示
    • yes | yum install みたいに使えます。
  • seq 数値 – 数列の印字

コメントを残す